一丁目の心友たち
完結 全10巻
大久保ヒロミ
無料試し読みあり

 

無料立ち読みはここから!
↓ ↓ ↓

スマホの入り口
01

「一丁目の心友たち で検索」
コミなびで無料試し読み!

 

パソコンの入り口
02

「一丁目の心友たち で検索」
全巻セットがお得!
無料立ち読み!

 

一丁目の心友たち あらすじ

主人公は、森尾潤、ゆみこ夫婦。

 

会社の社宅に越してきた一組の夫婦と、それを取り巻く周囲の社宅の人々との話。

 

それぞれの家庭の事情なども絡めた人間模様が描かれている。

一丁目の心友たち ネタバレ・感想

ズバリ社宅の事情…といった感じで、なかなかリアリティあふれる内容です。実際に、旦那の地位が高いと奥さんまでもが自分がそうであるかのように…実際にもそのような話を聞いた事があります。

 

ただ、誰もが表の顔があって、素の自分もいて…。自治会長を務める女性社員の家庭の事情については、少し共感できる面もありました。

 

女性のもともとの性格というのもあると思いますが、やはり仕事と家事との両立というのもなかなか大変なものです。

 

結婚すると、家事は毎日欠かさずにこなさなければならないもので、結婚する前としてからとでは「こんなはずではなかった…」とマイナス面ばかりが見えるようになったりするものです。

 

旦那の会社の部長の奥さんがとても可愛らしい感じですが、まだあまり詳しくはどんな人物かは分かりかねない感じですが、なんだかまだまだ色々とありそうな気がします。

 

⇒一丁目の心友たちを無料試し読み!
↑ ↑ ↑
「一丁目の心友たち で検索」

社宅で生活する人間模様が楽しめる作品

このマンガを読んで「社宅暮らしは、ちょっと大変かも…」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際は「社宅で、皆さんにとてもお世話になって助かった」といった話を聞くこともあります。

 

第一、社宅だけでなくどこの仕事先でも、上下関係や人間関係や何やらのごちゃごちゃした事はまずありうるので、そういったどこにでもありそうな話なんだろうな…くらいの気持ちで読まれるといいと思います。

 

これから、この社宅に入ってからの夫婦(特に奥さんの方)がいろんな局面に対して、どのように乗り越えて行くのかが気になるし、楽しみでもあります。読み応えのある一冊です。

 

※スマホ
⇒一丁目の心友たちを立ち読みする!

「一丁目の心友たち で検索」

 

※パソコン
⇒一丁目の心友たちを試し読みする!

「一丁目の心友たち で検索」