デリヘル待機室の女たち
完結 全1巻
瓜渡モモ
無料試し読みあり

 

無料立ち読みはここから!
↓ ↓ ↓

スマホの入り口
01

「デリヘル待機室の女たち で検索」
コミなびで無料試し読み!

 

パソコンの入り口
02

「デリヘル待機室の女たち で検索」
全巻セットがお得!
無料立ち読み!

 

デリヘル待機室の女たちのあらすじとネタバレ

会社員の夫を病気で失った杉田葉子は、
2人の子供を育てていかなければいけない主婦。

 

スーパーのパートではとても生計が成り立たず、
かといって37歳という年齢ではどこも雇ってくれない。

 

そんな葉子が選んだ道は、風俗でした。

 

そんな風俗の待機室で繰り広げられる
様々な人間模様が描かれています。

 

色々な事情で性を売り、暮らしていく女たち。
そこは指名が入らなければお金にはならない。

 

葉子は性を売ることの罪悪感と戦いながらも、
手にしたお金は普段の稼ぎの倍以上でした。

 

禁止されている本番行為を迫られた時、
葉子はあることを決断するのでした。

 

それは小さくも確実に彼女の人生を変えていくのです。

 

⇒デリヘル待機室の女たちを無料試し読み!
↑ ↑ ↑
「デリヘル待機室の女たち で検索」

デリヘル待機室の女たちの感想

今の社会で、それまで主婦であった女性が1人で生きていくことはどんなに大変なことなのだろうか。と同じ女性である私は思いました。

 

家族のため、自分のためにお金は必要です。でも、性を売るなんて汚い、汚らわしい職業だという目もあります。そんな中、たくましく生きていく主人公にとても共感しました。

 

母親として生きている葉子は、もしかしたら性を売り、常連となった男性に求められる時、あるいは他の女性と比較され、自分に指名が入る時、それまで抑えてきた女性としての自分を認められたような、小さな喜びを感じていたのかもしれません。

 

それくらい女性は認められず、自分で稼いだお金が増えることで自信がつくような、そんな社会に私は住んでいるのかもしれないと思いました。

 

こどものため、家族のために働いていても、そんな家族から否定された時、一体どんな気持ちだったのだろうかと思います。恐らく、心のどこかでは、やっぱりな。という思い、罪悪感が葉子自身にもあったのでしょう。

 

そんな、微妙な女心が見事に描かれている作品です。是非読んでみてください。

 

※スマホ
⇒デリヘル待機室の女たちを立ち読みする!

「デリヘル待機室の女たち で検索」

 

※パソコン
⇒デリヘル待機室の女たちを試し読みする!

「デリヘル待機室の女たち で検索」