ドラえもん
45巻 完結
藤子・F・不二雄
無料試し読みあり

 

無料立ち読みはここから!
↓ ↓ ↓

スマホの入り口
01

「ドラえもん で検索」
まんが王国で無料立ち読み!

 

パソコンの入り口
02

「ドラえもん で検索」
全巻セットがお得!
無料立ち読み!

 

ドラえもん ネタバレ・感想

日本を代表する漫画キャラクター、ドラえもん。アニメもグッズも山ほど出て、もはや知らない人はいないのでは、というレベルですが、その原点はやはり漫画にあります。

 

特に1巻に凝縮されている感じがします。

 

ドラえもんは、ダメなのび太を未来の道具で助けてくれます。その単純な構図で話が展開していくわけですが、のび太はのび太で、道具に助けられてばかりではありません。
自分で考え、ときには奮い立ち、少しずつ成長していきます。

 

巻数が進めばカッコいいのび太も出てきて、しずかちゃんの「のびたさんかっこいい!」も決してお世辞ではなくなる場面もあるわけです。漫画を読んで再認識したのは、ドラえもんは決してかわいいだけのキャラじゃないということ。

 

のび太に辛辣な言葉を浴びせることもあるし、結構乱暴なところもあります。アニメになる段階でかわいらしくなったのかもしれませんが、漫画のドラえもん(特に初期)は、いい意味で人間臭いです。

 

⇒ドラえもんを無料試し読み!
↑ ↑ ↑
「ドラえもん で検索」

やっぱりドラえもんだね

一人っ子ののび太にとって、兄であり母であり友達のような、そんな夢のような存在です。でも、人間臭くて失敗もするので、遠い夢のような存在ではなく、常に身近にいる相手として実感がわきます。

 

次々出てくる道具については、藤子不二雄先生すごいなぁ!としか言えません。ドラえもんの道具をもらえるなら何がいいか、と問われたら、間違いなく「四次元ポケット」と答えます!

 

アニメだけしか見たことがない、という人も多いと思いますが、漫画はまた違った見方もできるのでオススメです。ドラえもんの、いや少年たちの夢の原点に出会えます。

 

※スマホ
⇒ドラえもんを立ち読みする!

「ドラえもん で検索」

 

※パソコン
⇒ドラえもんを試し読みする!

「ドラえもん で検索」