お父さん、チビがいなくなりました
1巻 完結 西炯子
無料試し読みあり

 

無料立ち読みはここから!
↓ ↓ ↓

スマホの入り口
01

「お父さん、チビがいなくなりました で検索」
まんが王国で無料立ち読み!

 

パソコンの入り口
02

「お父さん、チビがいなくなりました で検索」
全巻セットがお得!
無料立ち読み!

 

お父さんチビがいなくなりました ネタバレ・感想

70歳を迎える勝とその妻有喜子と子供たち、そしてペットの黒猫チビの心温まるお話です。

 

勝は返事もろくにしない無口で有喜子はいつも独り言を言っているような寂しい気持ちを抱えていました。勝は言わなくてもわかるだろうという考え方ですが、やはり返事もしてくれないのは辛いです。

 

そんなある日、ペットのチビがいなくなります。有喜子はペット探偵にも頼み、一生懸命探しますが見つけることができません。

 

そんな中、勝に女性の影がちらつきます。勝は有喜子の体調を心配し、チビの寿命だと言いますが、有喜子は怒り、とうとう離婚を申し出ます。

 

他人の本当の気持ちは考えてわかるものではありません。勝手に推測してしまうあまり、全く違う気持ちに辿り着いてしまいます。このようなすれ違いが重なると勝と有喜子のように取り返しのつかないことになりかねません。

 

その後、勝と有喜子はやっとお互いの気持ちを伝えます。それは初めて聞く真実で、お互いが勘違いをしていたこと、お互いをとても大切に想っていることに気づきます。

 

⇒お父さん、チビがいなくなりましたを無料試し読み!
↑ ↑ ↑
「お父さん、チビがいなくなりました で検索」

言葉で伝えることの大事さが分かる漫画

40年以上も連れ添っていても、相手の心底の気持ちはわからないのです。伝えることは大切だと改めて感じました。

 

この漫画はたくさんのことに気づかせてくれて、とても温かい気持ちにしてくれます。結末は特に。

 

ぜひ大切な人と一緒に読んで、気持ちを伝えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

 

※スマホ
⇒お父さん、チビがいなくなりましたを立ち読みする!

「お父さん、チビがいなくなりました で検索」

 

※パソコン
⇒お父さん、チビがいなくなりましたを試し読みする!

「お父さん、チビがいなくなりました で検索」