ebookjapan

 

嘘喰い 全41巻
迫稔雄

電子書籍版で購入
▼ ▼ ▼


電子書籍版全巻セットならebookjapan!

 

嘘喰い 漫画のあらすじ・感想

「嘘喰い」は、週刊ヤングジャンプに連載中の迫稔雄によるギャンブル漫画です。従来のギャンブル漫画と一線を画す特徴として、頭脳だけではなく、暴力をいかに使いこなすか?ということが作品の重要なテーマになっています。

 

主人公は斑目貘という天才ギャンブラーです。若干15歳の当時、日本の裏社会を賭け事によって掌握する謎の賭博組織「倶楽部・賭郎」の会員を相手どって勝負を仕掛け、その類まれなる博才によって頂点にまで上りつめた過去をもっています。

 

ところが、賭郎の王として無敗を義務付けられた「21代目お屋形様」切間創一の前に敗北し、命をふくむ一切合財を負けの代金として取り立てられる立場に陥りました。しかし、本当の物語はここから始まります。

 

全てを失ったはずの貘が、金策に困っている青年・梶と接点をもち、破竹の快進撃を続けていきます。生きて脱出できさえすれば勝ちという「廃ビル脱出ゲーム」や、国家の命運をかけたテロリストとの「ハングマン」勝負、記憶を賭け代にして挑むノーリスクの「ゼロ円ギャンブル」など、誰も見たことがない独創的で刺激的なギャンブルゲームが繰り広げられていきます。

 

例外なく卑怯な反則を使って貘たちをハメようとしてくる敵に対し、貘は一枚も二枚も上手を行き、見事にそれを看破します。そうした「嘘」を見抜き、「嘘」を逆手にとって敵を返り討ちにするスタイルゆえに、彼は「嘘喰い」と呼ばれるのです。

 

逆転に次ぐ逆転、奇想天外などんでん返し、複雑な伏線が一気に解きほぐされ、勝利の瞬間に強烈なカタルシスを味わえるのがこの作品の醍醐味です。連載10周年をむかえ、実写映画化の予定も発表された本作から目が離せません!

嘘喰いの漫画全巻セットなら電子書籍が激安

ebookjapan

 

 

嘘喰い 全41巻
迫稔雄

電子書籍版で購入
▼ ▼ ▼


電子書籍版全巻セットならebookjapan!