カリスマ 
4巻 完結/75話 完結
新堂冬樹/八潮路つとむ/西崎泰正
無料試し読みあり

 

無料立ち読みはここから!
↓ ↓ ↓

スマホの入り口
01

「カリスマ で検索」
まんが王国で無料立ち読み!

 

パソコンの入り口
02

「カリスマ 新堂冬樹 で検索」
全巻セットがお得!
無料立ち読み!

 

カリスマのあらすじ

主人公は岡崎平八郎。

 

平八郎に優しかった母親である佐代子が、
宗教(メシア)にのめり込み始めた日から性格が変わってしまった。

 

少年は変わってしまった母親の闇に悲しみながらも
昔の面影を思い昔の母を追い求めるお話です。

カリスマのネタバレと感想

小学生である平八郎は、ある日クラス内で節分の豆まきをしていて、平八郎は鬼役になって豆を投られていました。普通なら楽しいはずのその空間。

 

その時です!

 

そのクラス内に本物の鬼のような形相をした女性が怒鳴りこみ、平八郎を殴りつけました!その女性は、なんと平八郎の母親だったのです。

 

母親である佐代子は、以前は性格も人当たりも良く、他のクラスメイトからも美人で綺麗な女性と、評判も凄く高かった女性です。

 

しかし、今、佐代子が信じているのは、「メシア」と呼ばれる人物のみ!宗教にのめり込んでからは完全に洗脳され、性格も豹変してしまい、人の意見を受け入れなくなり、平八郎の家庭はひどく荒れてしまっています。

 

母親が宗教にハマって小学生の子供までその教えを押し付けられて、普通なら悲しんで嫌がりそうなのに、平八郎は違いました。正常だった頃の優しい母親に戻ってくれないかと行動を起こします。

 

昔の母親の面影を求めて、いつか昔の優しい母親に戻ってくれると母のする事を否定しない直向きな優しさを感じ取る事ができました。その健気さに涙が出そうなほど感動しました。

 

⇒カリスマを無料試し読み!
↑ ↑ ↑
「カリスマ で検索」

宗教の実態を知るには読んでおきたい漫画

絵に結構迫力があり、ストーリーも現実味がありそうなので、宗教の怖さを理解するには最適の作品だと思います。

 

宗教の洗脳によって人は変わってしまうのだという恐ろしさを教えてくれて、それに関わった家族がどうなるのか、どんな思いで過ごしているのかを漫画で教えてくれました。

 

平八郎にとってこの小学校時代はとても辛い時期を過ごしています。でも本当にいつか乗り越えて母親が優しい頃に戻ったら平八郎は笑ってくれるのでしょうか。そう思うと最後の結末まで目が離せなくなります。

 

※スマホ
⇒カリスマを立ち読みする!

「カリスマ で検索」

 

※パソコン
⇒カリスマを試し読みする!

「カリスマ 新堂冬樹 で検索」